Relfyのふぉぉ(`・ω・´)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
ダヴィンチ・コード
先週、話題のこれ見に行ってきました。

今年に入ってからは、
『The有頂天ホテル』
『ナルニア王国物語』
『南極物語(ハリウッド版)』
と見にいってますが、映画の感想書いたことなかったなぁってことでいっちゃいまっせ。

↓ちょとネタばれ含むかもなので隠し
原作まったく読んではいなかったんですがけっこう楽しめましたね。
でもやっぱりたった二時間半の中に本の上中下巻をつめこんでいるので、謎解きの数字の部分とかで、
『???』
と思うこともあったりはしました。
私があほなだけなんかな・・・。

カトリック教の信者から批判を受けてるこの作品なんですが、カトリック教会自体を悪者にしてるのでそりゃ怒るだろうなぁとw
まぁでも映画ではこの話を完全にフィクションと宣言しているみたいなので堅いこと言うなよ~とは思いますけど。

で、明らかになる、
『キリストには妻と子供がいた。』
という話だけど、これもなんかキリスト教徒以外から見れば、
『ふーん、そうなんだぁ、へぇ~。』
と言った程度ですよね(^^;
完全無欠の無宗教の私から見ればこのへんずれてんだよなぁ。

でも普通に娯楽映画としてみても楽しかったし、一転二転するストーリーにはドキドキさせられました。
ルーブル美術館の中も神秘的なまでにキレイに撮れていますし。
一度行ってみてえ!

あとでもジャンレノの役がなーんか中途半端だったのがちょいと残念でしたとさ(´・ω・`)っ
未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< Nextstep | home | やりくり >>
コメント
おーw 南極以外は被ってるぅ@w@b
楽しめたようでよかったにゃ^w^ 一緒に行った人も本見てなくて
イマイチ分かりにくいとこがあったみたいよ。あほちゃいまっせw
なにせブ厚い2冊分をたった150分に詰め込みまくりですからーw

ジャン・レノの警部さんは原作とチト違ってたような…残念でした。
シラスもね。深みのない人間になってて悔しい(;;
私も完全無欠の無宗教(笑)なので、そんなに抵抗なかったな。
逆に信仰心って怖いと思っちゃう…。
2006/06/15 Thu| URL | ゆぅほ。
[ edit ]
楽しかったよおお(〃▽〃)ノ
情報ありがとねん。

ジャン・レノもシラスも微妙に違うんだぁ。
シラスはなんか危ない人みたいな感じだったけど、最後はなんか神父様との関係とか???って思う場面もあったなぁ(^^;
宗教はほんとよくわからんよね(´・ω・`)
2006/06/15 Thu| URL | Relfy
[ edit ]
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。